コース上等で、様子のおかしい選手がいた際には、声かけをお願いします。

必要に応じ、「傷病発生時連絡用アクションカード」に従って行動してください。

その際、ご自身を守るために以下の行動をお願いします。

 

1鼻と口が隠れるよう正しくマスクを装着してください。

2)以下の行動の前後は必ず石鹸で手洗いをするか、手指をアルコール消毒してください。

 

・選手自身に触れるとき

・選手の体液(汗、唾液、鼻汁等)に触れたと思われるとき

・選手の身の回りのもの(ザック、シューズ等)に触れるとき

感染防止で一番大切なことは、それぞれが基本的な感染対策を徹底することです。新型コロナウイルス感染症は、飛沫感染・接触感染で感染すると言われています。そのため活動の際には飛沫の拡散を防ぐこと、選手やボランティア同士の直接接触をなるべく避けることの2点に配慮しながら活動していただくようお願いします。

 

基本的な感染対策とは、以下のような対策です。

 

1.自分自身の健康管理の徹底

①自分自身を守るために、マスク、手袋、手指消毒用アルコール等、個人防護品は各自、持参してください。

②車での移動時など、車内の定期的な換気をお願いします。

2.マスク着用

活動中はマスクの着用を徹底してください。その際、鼻と口が隠れるよう正しくマスクを装着してください。

3.手洗い・手指消毒

以下の場合、その前後で石鹸での手洗いまたはアルコール等での消毒をお願いします。

・選手自身に触れるとき

・選手の体液(汗、鼻汁、咳など)に触れたと思われるとき

・選手の身の回りのもの(ザック、靴など)に触れるとき

4.ソーシャルディスタンスの確保

可能な範囲で他者との距離をあけるようお願いします。

※以下の4項目のうち、いずれかの場合には活動の参加を控えるようにお願いします。

・体温が37.5℃以上の場合

・咳や倦怠感などのかぜ症状、または味覚や嗅覚の異常がある場合

・海外渡航や感染流行地域、クラスター発生地に赴き2週間を経過していない場合

・厚生労働省 接触確認アプリcocoaで接触ありの場合

Produced by